2017年10月20日

第72回皇后賜杯全日本ソフトテニス選手権大会

10月20日から群馬県前橋市において大会が開催されています。
本校からは川崎美玖・星野来夢ペアが出場しています。
あいにくの天気ですが、試合開始です。
468DE8A7-8B18-4E5B-8375-B842EA3D5199

2017年10月17日

秋雨前線

先週の金曜日に、雨の中で個人戦でした。
その後雨が続きボールが打てない日が続いていて、19日に団体戦があるのにと選手たちはイライラ‥。
また、本校は今日から中間テストで、集中して勉強しなくてはとそわそわ‥。
短い時間でしたが人工芝テニスコートで思い切りボールを打ちスッキリした表情になりました。
0F8D5501-DDEF-435E-B64E-330D59C75391

2017年10月13日

新人大会水戸地区予選(女子個人)途中結果

10月13日(金)
ひたちなか市総合運動公園テニスコート
雨天のためベスト4まで
準決勝・決勝は19日(木)団体戦の後に行う予定です。
ベスト4
三浦さ・星野ペア
池田・那須ペア
三浦奈・安村ペア

佐藤怜・扇割ペア ベスト8
石島・佐藤風ペア ベスト8
白石・木村ペア 2回戦
平石・黒羽ペア 1回戦

2017年10月04日

感謝です。

10月に入り日が短くなってきましたね。
でも、本校はナイター設備が整っています。
選手の1人は「充実した設備の中で大好きなテニスと向き合えて幸せです。この環境に感謝の気持ちを忘れずにプレーしていきたいです。」と話していました。
00D50B03-2C25-4200-9D84-307AF3F89711

2017年09月24日

練習試合

風もなく穏やかな天気の中、安達高校(福島県)、太田一高、石岡一高を迎えて一日中数多くの試合をしました。
これから新人大会があり、それぞれの課題に向き合いながら多くの経験を積むことができたようです。
今までの課題と新しく見つけた課題を大会までの練習で取り組み、最高の笑顔でプレーできるよう応援しています。
キャプテンは「夏練習してきたことが少しずつできるようになり、力強いガッツポーズを出せました」と言ってました。
9C6082AD-6D7B-4CDC-8B85-5419B69F860CAE0DD6BD-881E-4E56-8934-CB3694A2B130080DA2BD-5AEB-435B-9907-6214E78AADB1BDE889B2-145A-4491-A4FF-F5A8F9168239

2017年09月18日

水戸研修試合水戸女子会場

平成29年度第12回高等学校ソフトテニス水戸研修試合が行われました。
9月17日(日)18日(月)の2日間の予定でしたが、台風の影響で18日のみの開催でした。
ひたちなか市総合運動公園テニスコート、常磐大学テニスコート、水戸女子高校と三会場に茨城県内外の29校、300名近い選手が集まりました。
水戸女子会場では8チームが集まり、団体戦で予選リーグと決勝トーナメントをやり、新人大会に向けて熱い戦いが繰り広げられました。
IMG_0477

2017年09月15日

水戸地区夏季選手権大会

8月10日(木)ひたちなか市総合運動公園テニスコートで、新チームになり最初の公式戦の個人戦が行われました。
今年の2年生は前衛の割合が高く、後衛は1名です。
新チームに必要なことは、後衛陣の成長です。
インターハイの日程が早かったとはいえ、日韓中ジュニア競技交流会の影響で大会日程が2週間近く早く開催された大会。
1年生の頑張りもあり、ベスト4に3ペアが入りました。
でも、これは夢中でやった結果です。
次の水戸地区新人大会では国体のため免除となっていたペアも出場しますので、混戦が予想されます。
練習試合や水戸地区研修大会など多くの経験を積み、さらに成長できるよう毎日準備しています。
IMG_0461

2017年09月10日

大好き!ソフトテニス!

本校ソフトテニス部の活動に対して、たくさんの機会に協力して下さった先生の声かけで、小学生から大学生までたくさんのメンバーが集まりボールを打ちました。
午前中はストローク中心の練習をし、午後からはゲームをしました。
久しぶりに暑くなった日曜日に「ソフトテニスをする心を大切にしよう」を合言葉に熱いプレーが多くみられました。
本校の選手たちも、技術の確認に加え人に伝えることを経験できたことは、選手として大きく成長する機会となりました。
それぞれのステージで成長して、また、テニスコートで再会する約束をしました。
IMG_0448

2017年09月08日

国体関東ブロック予選

今年は群馬県前橋市で行われ、少年女子チームに川崎・星野ペアが選考されました。
国体は都道府県別の団体戦で、チームは5人の選手を登録し、ダブルス→シングルス→ダブルスの順に行います。
茨城県少年女子チームはサポート選手を含めて8人でチームを作り試合に臨みました。
関東ブロックからは4チームが国体本戦できる年でしたが、惜しくも5位で出場権を得られませんでした。
インターハイの後、県外遠征や合宿などたくさん試合をしたり、仲間とソフトテニスについて話し合ったりと、貴重な体験ができました。
また、水戸女子ソフトテニス部はバスで応援に行き、スタッフの1人は成年女子の監督として、国体関東ブロック予選を通し、それぞれソフトテニスと向き合いました。
この経験を生かし、2019茨城国体で思い切りチャレンジするため、日々成長を続けます。

2017年09月06日

9月3日

この日の活動は様々でした。
競技者育成プログラムStep3に参加した選手。
夏季選手権大会でベスト8に入り、各地区のベスト8が集まったIHS Cupに出場した選手。
近隣の高校が集まって行った練習試合に参加した選手。
どのステージでも、自分と向き合いソフトテニスと向き合いました。
4日からは2学期の授業もスタートしました。
この夏経験したことを生かして、たくさんのことにチャレンジする選手を応援していきます!