学校長より

学校案内

ホーム学校案内学校長より11月

平成28年度 11月

先月開催した秋桜祭においては、大変多くの保護者の方々にご来校いただき、心から感謝いたします。誠にありがとうございました。お蔭様で、本校らしい温かな雰囲気の文化祭となりました。

本校では夏休みの二度にわたる体験学習、二回開催したオープンクラス、そして今月と来月に開催する入試説明会と、来年度に向けた生徒募集活動を展開してきました。少子化に伴う厳しい環境が続いています。茨城県では二十六・七%の高校生が私学に通学していますが、全国平均を下回る状況が続いています。どの私学も生徒募集活動には力を入れているところです。

毎週土曜日に行っているオープンスクールは、私が担当する企画です。私が個別に面談し、館内を案内します。参加された保護者の方も数多くいらっしゃるはずです。すでに今年度も五月より参加者があり、昨年を大きく上回る来校者があります。

オープンスクールで私が常に意識していることは、その目的です。入学生を確保することは私学にとって大事な問題ですが、これはあくまで目標であります。最も大切なことは目的です。百校を超える高校がある中で、本校に入学した生徒を三年間預かる目的を問い続けることは、私にとって大切な仕事なのです。学力を向上させることや、希望進路を叶えることは本校としての最低限の目標です。

建学精神である「社会に貢献する女性」を通して一人残らず幸福にさせることが、三年間預かる目的であります。人はみな幸せになるために生まれてきたのです。この当たり前のことを大切にしたいのです。豊かで便利な今の日本は、当たり前のことが揺らいでいます。建学精神を通して、幸福になるための力をつけさせることが本校の使命です。中学生やその保護者の思いを直接受け止め、私の願いと融合させる場がオープンスクールなのです。教育とは数十年先を見据えた壮大な営みです。オープンスクールはその原点です。

今月十五・十六日の両日は学校参観を予定しております。今回はクラスマッチをご覧いただく内容です。ご息女の素敵な笑顔と元気な姿を感じていただければ幸いです。