2019年06月14日

国体少年女子本格始動

6月8日(土)~9日(日)に茨城国体の大会会場である鹿窪体育館で、本格的に国体少年女子活動がスタートしました。

2日間の実施内容です。

8日

結城市市長および協会副会長の関さんにより、激励会を開催して頂きました。

・主催者挨拶

・結城市長激励の言葉

・記念品贈呈

・結城ケーブルテレビ、結城市報担当者による取材

激励会の終了後、会議室にて選手、保護者、スタッフでの説明会を実施しました。

・自己紹介

・経過説明

・アカデミーからの強化によるJOC選抜の実績・全国大会上位高の現状・30年度よりスタートした体制の情報公開と選手選考について

・方針説明

・スタート時からのチームの戦術戦略、重点ポイント・選抜であるがスタッフ、選手、保護者が一体となるチームになる必要性・今後の活動計画について・日韓中について

・質疑応答

 

説明会終了後は少年女子チームの武器にするレシーブについて考え方、プレーの方法、レシーブで戦術の活かし方等の練習を行いました。

午後の練習はレシーブの練習後に3時より結城市の小・中学生約100名に国体チームでバレーボール教室を実施しました。

 

9日

レシーブを中心とした練習で、レシーブをどのように攻撃に繋げるかという意識を持つことに重点を置き練習をしました。

水戸女子は国体チームのサポートを行いながら、明秀日立高校と練習試合を行いました。直面する課題を何とかしようと、国体チームの練習に触発されながら顔晴っていました。

2日間の練習で結城市の皆様のおかげで茨城国体に向けて選手スタッフ共に国体に向けて士気高揚することができました。感謝いたします。

今週は群馬銀行合宿で群馬銀行との練習試合があります。今回の練習をゲームに繋げていけるよう顔晴りますので応援よろしくお願い致します。

2019年05月28日

女子U18日本代表候補合宿 世界選手権に向けブロック強化

女子U18(ユース)日本代表候補が5月20日(月)から24日(金)まで、世界選手権(9月・エジプト)に向けて味の素NTC(東京都北区)で強化合宿を行いました。4月にコルナッキアワールドカップで優勝したメンバーをはじめ可能性を秘めた候補選手が集まり、レベルアップを図りました。

 

 

今回は「とにかく自分の体と向き合う」を一つのテーマに、トレーナーを増員して体のケアを行うと同時に、選手たちは現状を知り、もっとできる、という自分の伸びしろにも理解を深めました。

 

「イタリア遠征での経験は大きかった。選手たちの取り組む姿勢が変わった」と三枝大地監督。ポジション別の練習にも熱心に取り組んだほか、ブロックシステムについての意識を高めました。「このチームにとって、ブロックは大きな武器。そこを磨くほどディグの精度も上がり、攻撃に結び付ける回数とともに得点チャンスが増える」(三枝監督)。前回(2017年)の女子U18世界選手権で、日本(5位)のブロック決定データは20チーム中16位でしたが、この弱点を克服し、世界一への距離を着実に詰めていきます。女子U18日本代表チームに引き続きご注目ください。

 

引用:https://www.jva.or.jp/index.php/topics/20190527-1

 

2019年05月21日

バレーボール教室

5月19日(日)に結城市上山川小学校において、東海大学女子バレーボール監督・全日本バレーボール強化委員長を務められていた成田明彦先生によるバレーボール教室が、茨城県バレーボール協会副会長の関さんと結城市バレーボール協会の方々の協力により開催されました。

水戸女子高校バレーボール部も特別に参加させていただきました。

 

 

バレーボールを上達するために必要な基本技術、プレーをするにあたってなぜそのようにするべきなのかという明確な理由の説明、トップを目指すために必要な事、体の柔軟性の大切さ等々1日かけて素晴らしい指導を受けることができました。

 

生徒だけでなく私たち指導者も大変学ぶことができました。

また、成田先生の教え子であり、日立佐和で活躍した安永さん・藤崎さん、戸澤の教え子で茨城インターハイ準優勝時のエースであり日立佐和で活躍した海老原さんにもご指導していただきました。

成田先生からも、水戸女子高校が新しい体制でスタートして13ヶ月と短い期間でありながら、バレーボールに対して意識高く取り組んでいる選手の姿にお褒めの言葉をいただきました。基礎とチームワーク、そして感謝を忘れずに高い目標を持って努力してくださいとアドバイスをいただきました。

今回のバレーボール教室で学んだものを力にするように今後も顔晴りますので応援よろしくお願いいたします。

 

【お詫びと訂正】

2019年5月21日 に掲載しました記事中、下記につきまして字句の誤りがございましたのでお詫びして訂正いたします。

誤 下山川小学校

正 上山川小学校

 

2019年05月21日

茨城国体バレーボール少年女子 最終選考会

日頃より少年女子チームの活動にご理解とご協力いただきまして感謝いたします。

5月18日(土)の最終選考会を無事終了することができました。

 

茨城県バレーボール協会会長代行 秋山先生・茨城国体アドバイザー日立リバーレ総監督 菅原さん・副会長 小林先生・高体連副部長 秋山先生・国民体育大会バレーボール担当 指導主事 直井先生・バレーボール協会 北嶋先生・高体連副委員長 大畠先生・ウエルネス大学 佐藤先生・茨城県高体連女子強化委員長 花野先生・佐藤先生・常総学院 荒木先生の各先生方が来校していただき、激励や選手選考に関してアドバイスをいただきました。

 

・目標を実現するためのバレーボール

全国大会上位高の特徴から導き出す茨城のスタイル

トータルディフェンスで粘りあるバレーボール

レシーブから9メートルの幅を生かしたスピードあるコンビバレー

≪思考・精度・チームワークに重点を置く≫

上記のスタイルをどう実践するか模索しながら昨年度より活動していました。

練習会、大会、選考会で皆さんからアドバイスを受けながらメンバーを選考いたしました。

 

茨城国体に向けて今年度の練習は6月8日(土)に鹿窪体育館にてスタートします。

結城市市長様挨拶、選手保護者への説明会、結城市少年団へのバレーボール教室を予定しています。

茨城国体本番に向けて残り103日となり、【茨城に初の優勝旗を持って来る】という目標を実現するために、スタッフ・選手共に努力していきますので、応援よろしくお願いいたします。

 

 

2019年05月21日

第73回関東大会兼IH茨城県予選

5月11日(土)~5月13日(月)に結城市のかなくぼ運動公園で、令和元年度(第73回)関東高等学校男女バレーボール大会茨城県予選会兼令和元年度全国高等学校総合体育大会男女バレーボール競技大会茨城県予選会兼令和元年度茨城県バレーボール高等学校選抜大会予選会が開催され、本校バレーボール部が参加しました。

 

 

○大会結果

 

11日 牛久栄進 2-0(25-15、25-16)

土浦二高 2-0(25-15、25-12)

12日

大成女子 0-2(21-25、23-25)

 

5位という結果でした。

水戸女子高校バレーボールが新しい体制になって1年と1ヶ月が過ぎ、令和になり記録を残す年にしようとスタッフ・選手・保護者一体となり大会に臨みましたが残念な結果となりました。

今回の大会でも多くの事を学ぶことができました、次の大会までには大きく成長できるように努力しますので応援よろしくお願いいたします。

2019年05月10日

茨城県高等学校総合体育大会総合開会式

       今日は令和になり始めての茨城県高等学校総合体育大会総合開会式が笠松運動公園で開催されました。
来賓として大井川知事が参加され、本校の鈴木校長先生も来賓として参加されました。
開会式は本校吹奏楽部のファンファーレからスタートして、素晴らしい演奏の中選手が入場しました。
本校の入場行進はバレーボール部が出場し、チームワークが取れた良い行進ができました。
また、フェンシング部は、総合体育大会30年連続出場の表彰授与されました。
明日からいよいよ関東大会兼インターハイ茨城県予選がスタートします。
令和元年の今年は記録を残す年になるよう顔晴リますので、応援よろしくお願いします。
2019年04月24日

コルナッキアW杯初出場初優勝 女子U18、世界選手権に弾み!

4月19日(金)からのコルナッキアワールドカップ2019(ポルチャ・イタリア)に初出場していた女子U18(ユース)日本代表チームは、22日(月)の決勝で地元イタリア代表と対戦し、3-1で勝利。7連戦を勝ち抜いて、初優勝を飾りました。

 

 

【試合結果】

◆4月22日(月)

決勝

日本 3(25-14、20-25、25-15、25-18)1 イタリア

セットカウント1-1で迎えた第3セット、日本は11-14から和田由紀子主将のジャンプサーブが走って連続得点。一気に逆転してこのセットを奪い取り、流れを決定づけて勝利をつかみました。

今回の結果を励みに、また大会で得られた課題を克服し、チームは9月の女子U18世界選手権大会(エジプト)での優勝を目指し進化を続けます。

2019年04月22日

コルナッキアワールドカップ女子バレー

4月19日(金)に開幕した、コルナッキアワールドカップ2019(コルナッキア・イタリア)に初出場している女子U18日本代表チームは、20日(土)、21日(日)にそれぞれ3試合を勝ち抜き、決勝へ進出しました。優勝をかけた大一番は現地時間22日(月)14:30から、地元イタリア代表と対戦します。ご声援よろしくお願いします。

 

コルナッキアワールドカップ女子バレーボール2019
Cornacchia World Cup
2019年04月19日(金)~22日(月) イタリア・ポルチャ

04月21日(日) 第2日 順位決定予備戦/ファイナルラウンド
順位決定予備戦
日本 – キオーンス(ITA) 3 – 0
(25-19, 25-16, 25-20)
09:00
近藤, 室岡, 樫村, 和田, 西川, 榊原, 西崎 (L)
準々決勝
日本 – ATAトレント(ITA) 3 – 1
(25-14, 25-19, 21-25, 25-12)
15:00
近藤, 室岡, 樫村, 和田, 西川, 榊原, 西崎 (L)
準決勝
日本 – ノーザンライツ(USA) 3 – 1
(25-17, 25-17, 26-28, 25-16)
20:00
近藤, 室岡, 樫村, 和田, 西川, 榊原, 西崎 (L)
<U-18日本女排>

*1 佐藤 吉野  2002 182 OH/MB 米沢中央高校2年
*4 西川 吉野  2002 177 OH 金蘭会高校2年
*5 吉武 美佳  2003 177 OH 金蘭会高校1年
*6 近藤 なつみ 2002 171 OH/S 兵庫県立氷上高校2年
*8 小山 愛美  2002 176 OH/MB 共栄学園高校2年
*9 和田 由紀子 2002 175 OH 京都橘高校3年
10 川上 良江  2002 173 OH 金蘭会高校2年
11 加地 春花  2003 171 S 駿台学園高校2年
12 樫村 まどか 2002 183 MB/OH 水戸女子高校2年
14 榊原 菜那  2002 180 MB 八王子実践高校3年
18 室岡 莉乃  2002 161 L/OH 東九州龍谷高校2年
19 西崎 愛菜  2002 158 L/OH 金蘭会高校2年
監督:三枝 大地

2019年04月22日

バレーボール合宿所の新設

4月8日(月)から養神館をバレー部合宿所として使用させていただくこととなりました。

 

校長先生をはじめとする教職員の皆様、平賀建設、生井澤設備、小原美容室、関口工務店、川澄工務店、佐久間シール、父母の会 会長をはじめ保護者各位、戸澤電器の皆様の多大なる協力とご厚意により、合宿所であった養神館を改装し、4月8日(月)から無事スタートすることができました。大変感謝いたします。また、比留間さん・小林さんのおかげで、責任者兼管理者として監督ファミリーも無事引っ越しをすることができました。重ねて感謝申し上げます。

 

合宿所を開始して2週間が経過しましたが、皆様のおかげで不備な部分、改善点などでスムーズな運営にするべき課題が明確になっています。

 

関東・IH予選に向けて、練習に集中できる環境が整いました。より一層練習に精進し、良い結果を残せるよう顔晴りますので、応援宜しくお願い致します。

2019年04月22日

バレーボール部説明会・栄養講習会・新入生歓迎会

3月6日(土)に、バレーボール部説明会、栄養講習会、新入生歓迎会を行いました。

 

鈴木校長先生からの挨拶で、今年度開催される茨城国体、来年度開催される茨城インターハイに向けての心構え、チームスポーツとしてのチームワークの重要性、感謝の大切さを話していただきました。

説明会では、高校生という思春期の大切さ、考え方とイメージの重要性、バレー部の強化方針、保護者の重要性、今年度の活動予定について説明会を実施しました。夢実現のために選手・保護者・指導者・学校が活動内容や方針を理解し、一体となる説明会になりました。

説明会後、(株)玄米酵母の林賀さんによる栄養講習会が行われました。日本人の身体と日本食との相性の良さ、酵素がある場合の食物の分解速度、炭酸飲料水における香料の役割など、演示実験も踏まえてとてもためになる話をしていただきました。スポーツ選手における食事の重要性を改めて考えることができた良い機会となりました。本当にありがとうございました。

 

第2部として場所を移動し、新入生歓迎会を行いました。太津美屋さんのご協力と保護者の皆さんの努力により、素晴らしい御馳走を食べながら楽しい歓迎会になりました。

教員、保護者、生徒でそれぞれ出し物を行いましたが、見事にやり切っていたのは新入生とその保護者でした。

 

早いものであと3週間後には関東・IH県予選が始まります。平成では記憶、令和元年では記録に残すよう努力していきますので応援よろしくお願いいたします。