学校長より

学校案内

ホーム学校案内学校長より1月

平成19年度 1月

謹んで新年のお喜びを申し上げます。
年の初めにふさわしい穏やかな正月でありました。静かな元旦の気分を味わいながらも、新しい年への思いを新たにした次第です。
冬休み中に書類を整理しながら昨年を総括していくと、保護者の方々の本校への信頼と期待を改めて感じることができました。10月に開催した体育祭では、高校では異例とも言える、3分の1を越える保護者の方々が来校して下さり、教員と共に生徒達の集団演技の様子を熱く見守った光景が印象的でした。合唱コンクールや芸術鑑賞会など、お知らせした学校行事には必ず保護者の方々の姿がありました。12月の学校参観では100名を越える参加申し込みがあり、研修会会場に入りきれるか心配したほどでありました。多数のご来校を心から感謝いたしております。
先日読んだ本『人生が変わる習慣』(アンソニー・バーグランド著 ディスカヴァー)に興味深い一文がありました。
「あなたは人生という名の学校に入っています。この学校には休みがなく、生涯にわたって毎日なんらかの授業を受け続けなければなりません。嫌いな授業もあるかも知れません。どんな授業も受けなければならないのです。」
すべてを学びのチャンスと考える謙虚な気持ちから、新たな発見や喜びが自然にもたらされてくるのだと強く感じます。さらに、あらゆる事柄を学びととらえ、何かを吸収しようと生きていく姿を示すことが、教育の原点であるとも思います。幾度となく来校された保護者の方々から、私自身が学ぶことも数多かった昨年でありました。
豊かで便利な社会だからこそ、見失いがちになる感謝や謙虚さを、将来のわが国を担う生徒達にしっかり伝えていきたいと再認識した次第であります。
今年も本校の目指す理想の実現に、そしてご息女の未来に私たちの夢を託して、教職員一同、決意も新たに邁進する所存です。保護者の方々の御理解と御協力を宜しくお願い申し上げます。