未来が輝く3つの約束
(教育理念)・沿革

学校案内

未来が輝く3つの約束・沿革

ホーム学校案内未来が輝く3つの約束・沿革

未来が輝く3つの約束(教育理念)

水戸女子高校の3つの約束
当たり前だけどとて大切な約束
この約束は絶対守ります

  • 1約束 心豊かな女性の育成

    「感動」・「共感」などの豊かな心を育むために、土曜講座を用意しています。

  • 2約束 学力向上

    授業以外のサポートの充実や実力に応じた課外等を用意することで、確実に学力を伸ばします。

  • 3約束 進路決定

    「高校卒業後の進路」まで確実にサポート。皆さんの「夢の現実」を応援します。

沿革

昭和6年の創立以来、本校の建学精神は
「社会に貢献する女性の育成」です。

昭和6年

創立者 鈴木米蔵先生の「これからの時代は、女子の社会進出が必要とされる。それに備えての女子の実業教育の確立は、当面の重要事である。」という先見により、水戸市五軒町2丁目に茨城女学校として創立された。

昭和7年

現在地に校舎新築、同所に移る。

昭和10年

茨城商業女学校と校名を変更する。

昭和19年

財団法人となり、校名を水戸女子商業学校と変更する。

昭和23年

教育制度の改正により水戸女子商業高等学校及び併設中学校となる。(併設中学校は昭和27年度より生徒募集を中止)

昭和26年

学校法人に組織を改め、法人名を水戸女子商業学園とする。

昭和34年

創立者の先見の如く、現代社会は女子の社会進出が増加し、その範囲も広範なものとなったが、この社会的要求にこたえるために、なお一層の内容充実の必要を生じ、ここに将来まで一貫した建設計画を樹立した。

昭和34年

第1期工事鉄筋コンクリート造り3階建校舎完成(2号館)

昭和37年

第2期工事鉄筋コンクリート造り3階建校舎完成(1号館)

昭和40年

第3期工事鉄筋コンクリート造り講堂兼体育館完成

昭和41年

第4期工事鉄筋コンクリート造り3階建校舎(1号館延長部、2号館延長部)及び1~2号館連絡棟完成

昭和46年

西茨城郡岩瀬町(現桜川市)富谷に林間教場完成

昭和51年

普通科の設置に伴い、水戸女子高等学校と校名を変更する。

昭和60年

合宿施設「養神館」完成

平成3年

創立60周年記念棟完成(3号館)

平成12年

創立70周年記念として校門改修および築庭完成

平成12年

鈴木洋一名誉校長が文部大臣より私立学校審議会功労者の表彰を受ける。

平成15年

春の叙勲において、鈴木洋一名誉校長が勲四等旭日小綬章を授与される。

平成17年

コース制を導入し、商業科2コース(会計情報コース・ビジネス教養コース)と普通科3コース(選抜進学コース・進学コース・福祉コース)となる。

平成20年

4号館を新設する。

平成23年
3月11日

東日本大震災発生。1・2号館、体育館、連絡棟に大きな損傷を受ける。

平成23年
3月14日

2階建て仮設校舎建設決定。

平成23年
4月28日

仮設校舎が完成する。

平成24年
4月26日

新校舎の建設を着工する。

平成24年
12月28日

新校舎が竣工する。

この内容を見た方は、次の内容も見ています

  1. オープンスクールの日程を見る
  2. 資料請求

ページのTOPへ